2016年9月1日木曜日

9月 ビワ


せん定・芽かき


 樹冠内部まで日光が入るよう、重なった枝を間引きします。弱い枝で2~3㌢、中庸な枝で10㌢程度残して切り返しせん定し、新梢を発生させます。
 切り口から発生した新梢は2本残して芽かきします。

秋肥の施肥(基肥・10㌃当たり)

≪9月上旬≫
果樹配合765   170㌔

病害虫防除

がんしゅ病

ICボルドー66D   50倍

9月 柑きつ


仕上げ摘果

温州みかん


 着果が良好な樹は、小玉果や傷果、大玉果を中心に摘果し、玉揃いを良くします。
 不作の樹は果皮の粗い大玉になるため、生育不良の果実も結果させておき、収穫前に樹上選果して、秀品率を高めます。

伊予柑


 果実が肥大すると摘果を控えがちですが、後期に肥大させるため、小玉果や腰高果、軸の太い直立果を摘果します。

土壌管理

温州みかん


 土壌を乾燥させると、品質が良くなるため、水分が蒸散するよう土壌を裸地化し、雨水が園外に排出するよう溝切りをします。

伊予柑


 土壌が乾燥する場合は、後期の肥大と減酸を促すため、1回につき10㌃当たり15~20㍉を潅水します。

台風対策


 幼木や高接樹は、株元の揺れや枝折れを防ぐため、支柱を立てて誘引しましょう。

病害虫防除

収穫前日数に注意し散布します。

黒点病

ジマンダイセン水和剤   600倍
     (柑橘収穫90日前まで4回以内、温州みかん収穫30日前まで4回以内)

ミカンハダニ・ミカンサビダニ

スターマイトプラスフロアブル   1,000倍(柑橘収穫7日前まで1回以内)

応急

かいよう病

コサイド3000   2,000倍
クレフノン   200倍
台風接近前に散布します。

カメムシ類(応急)

ロディー乳剤   2000倍(柑橘収穫7日前まで4回以内)

9月 ブロッコリー


圃場準備


 適期に定植できるよう、早めに耕起や整地をしておきます。

定植


 収量や品質が低下するため、生育不良の苗は定植しないでください。
①128穴プラグトレイは本葉3~4枚頃に、200穴プラグトレイでは本葉2~3枚
 頃に定植します。根巻き苗や老化苗は使わないようにします。
②生育や花蕾の品質を良くするため、できるだけ浅く植えます。
③定植後はたっぷり潅水し、その後も土壌を乾燥されないよう潅水します。

病害虫防除(10㌃当たり)

ネキリムシ類

フォース粒剤   4㌔(定植時1回のみ 全面土壌混和)

除草剤(10㌃当たり)


 下記の二剤をどちらか1回のみ使います。(どちらも定植前または植穴堀前土壌表面散布)

トレファノサイド粒剤2.5   4~6㌔

トレファノサイド乳剤   200~300㍉㍑/水100㍑

施肥設計(下表)


 生育状況に応じて追肥します。鶏糞200㌔を施す場合は、基肥の農協専用化成500を40㌔減らします。
 ホウ素欠乏対策として、本葉10枚頃にヨーヒB5を500倍に薄めて葉面散布します。

追肥の時期

1回目・・・定植10日後頃に畦の中央に施します。

2回目・・・定植30~35後頃に(本葉9~10枚の時)畦の肩口に施します。追肥
      と同時に土寄せや中耕をします。

3回目・・・頂花蕾出現前に(1円玉位の大きさまで)畦の肩口に施します。

このページの先頭へ