2018年1月1日月曜日

1月 春キャベツ



追肥(10㌃当たり)


 結球始めにNK化成E989を両肩口に40㌔施します。

潅水


 結球開始期に土壌を乾燥させると、小玉傾向になりやすいため、晴天が続く場合は、暖かい日の午前中に潅水します。

病害虫防除

アブラムシ類・ヨトウムシ・アオムシ・コナガ

アディオン乳剤   2,000倍(収穫3日前まで4回以内)

株腐病・菌核病

セイビアーフロアブル20   1,000倍(収穫3日前まで3回以内)

1月 柑きつ


伊予柑の貯蔵

①坪当たり0.8~1㌧(65ケース)を目安に入庫します。

②結露させないように日中、気温の高い時に換気します。

③トイレファンなどで庫内の空気を循環します。

④庫内に温湿計を設置し、高温多湿にならないように管理します。

液肥の散布


 樹勢回復のため、尿素またはあざやかを400倍に薄め、暖かい日に散布します。

寒害対策


 風が当たりやすい園地は、寒冷紗などで被覆します。
 乾燥が続く場合は、落葉を防ぐため、30㍉程度潅水します。

苦土石灰の施用(10㌃当たり)


 土壌酸度を矯正するため、2月上旬までに苦土石灰を100㌔施します。

マシン油乳剤の散布


 収穫後に樹勢が回復したら、カイガラムシ類対策として、晴天が2、3日続く暖かい日に、マシン油乳剤を45倍に薄め、散布します。

1月 タマネギ


追肥(10㌃当たり)

NK化成E989   25㌔

除草(10㌃当たり)


 1月下旬頃に、下記の二剤ともに水100㍑に溶いて、イネ科雑草や広葉雑草に散布します。

アクチノール乳剤   100~200㍉㍑(収穫30日前まで2回以内)

セレクト乳剤   50~75㍉㍑(収穫21日前まで3回以内)

このページの先頭へ