2018年5月1日火曜日

5月 久万清流米


☆赤線の農薬は、毒物劇物農薬に指定されています。
 毒物劇物農薬のご購入には、印鑑が必要になります。

初期の病害虫防除対策


苗箱処理剤

デジタルコラトップアクタラ箱粒剤   一箱当たり 50㌘

 田植えの前日に散布すると、効果が高まります。苗の露を払い取り、施用量を守って均一に散布します。
 散布後に再度、ホウキ等で表面をなで、薬剤が確実に定着するよう潅水します。

初期の除草対策


 除草効果を高めるため、初期除草剤と一発処理除草剤との体系処理をします。

(どちらも使用回数1回)

初期除草剤(10㌃当たり)


サインヨシフロアブル 500㍉㍑(代かき後または田植え直後〜ノビエ1葉期)

 ただし、代かき後に使う場合は、散布してから一週間以上あけて田植えします。

田植後の処理除草剤(10㌃当たり)


①メガゼータ1㌔粒剤    1㌔ (移植直後からノビエ3葉期まで)

②メガゼータフロアブル   500㍉㍑

③メガゼータジャンボ   400㌘ (田植後5日〜ノビエ3葉期)

 ただし、ともに田植え後30日まで

散布時の注意点


・基準散布量は必ず守りましょう。

・除草剤の効果は、水管理で大きく変わります。土壌が水面上に露出すると効果が下がるため、代かきで表面を平らにし、散布後は最低3日間、堪水状態を保ちます。

・水持ちの悪い田は、5㌢程度の深水にします。畦や水口、水尻の不良田、オーバーフロー田でも効果が下がるため、水漏れがないか田んぼの周囲を確認します。

・風の強い時に除草剤を散布すると、風下側に薬剤が偏り、薬害が発生するため、風のない時に散布します。

施肥設計表

 

 病害虫防除体系


5月 トマト





定植


 根の色が白く根鉢が回っており、開花始めごろの晴天時に定植します。定植後は、鉢土と畝土の隙間をなくすように軽く潅水します。苗が倒れないように誘引し、草姿を整えます。
 マルチと畝土に隙間が生じる場合は、土を乗せる等隙間をなくします。
 活着するまでは、こまめな温度や潅水管理に努め、午前中に潅水します。


防除


 早めに圃場周辺を除草します。「病気は予防、害虫は早期防除」の意識で随時観察します。
 病害虫の被害にあった株は早めに取り除き、被害まん延を防ぎます。
 定植時は植穴にベスドガード粒剤を一株当たり1〜2㌘施し、土壌混和します。

5月 ピーマン

 
☆赤字で表示されている農薬は、毒物劇物農薬に指定されています。
 毒物劇物農薬のご購入には、印鑑が必要になります。

育苗管理


 昼間は日照量を確保しながら、ハウス内を換気し、夜間は保温に努めます。葉が重なり始めたら、日光が作物全体に当たるよう鉢の間隔を広げます。
 また、アブラムシ類対策として、アドマイヤー水和剤を2000倍に薄めて散布します。(収穫前日まで2回以内)
 鉢を広げた頃に肥料切れしそうな葉や淡い色の苗があれば、早めに追肥します。
 定植7日前頃には、苗を徐々に外気温に慣らします。
 また、軟腐病を予防するため、ドイツボルドーAを800倍に薄め、散布します。

(日数と使用回数に制限なし)
 

定植準備


 定植2週間前までに基肥を施しておきます。土壌水分を確保してからマルチを張り、早めに圃場を準備しておきます。
 乾燥に弱いため潅水チューブを設置し、作柄の安定に努めます。特に水田は高畝にし、排水対策を万全にします。
 

定植


 晴れの日の午前中に定植します。植穴にオリゼメート粒剤を一株当たり5㌘施した後は、深植えにならないよう定植します。

このページの先頭へ